YAMAHA WLX222

アトラックNEOの事例紹介 - YAMAHA WLX222 ページです。

東京都千代田区のお客様より、無線Wi-Fi機器のご相談をいただきました。
Wi-Fi機器の整備が必要となった為、2022年10月に発売したばかりのYAMAHA(ヤマハ) WLX222をご提案をし導入させていただきました。

  • こちらは今回設置したYAMAHA(ヤマハ) の無線LANアクセスポイント WLX222です。2022年10月に発売したばかりの新製品です。

  • 今回は電源コンセントを使用せず、PoEハブを使用いたしました。PoEハブとはLANケーブルで給電する方式の事です。コンセントが不要の為、天井部へ取付けしました。取付用の施工をします。

  • 製品には壁掛け部材が同梱されており、壁面または天井面に設置が可能です。置きスペースがない場合にも設置が可能ですのでご安心ください。

  • こちらはお客様が元々設置していたYAMAHA WLX402になります。WLX222はWLX402よりコンパクトな大きさになっています。

施工前

  1. Wi-Fi 6対応の無線機器がなかった。

施工後

  1. Wi-Fi環境の整備が出来た。WiFi 6対応の機器の通信速度が速くなった。

製品紹介「YAMAHA(ヤマハ)WLX222」

メーカーサイトから引用)

Wi-Fi 6と2.5ギガビットポートによる高速化

『WLX222』は、Wi-Fi 6 に対応しており、5GHz帯では1201Mbps(理論値)、2.4GHz帯では574Mbps(理論値)、無線全体で最大1,775Mbps(理論値)のスループットを実現します。従来機種であるWi-Fi 5 製品「WLX212」と比べて約1.8倍(理論値)の高速通信が可能なので、より多くの端末に高速な通信環境を提供できます。また、有線LANは2.5ギガビットポートを搭載しています。例えば、2.5ギガビット対応のスマートL2 PoEスイッチ「SWX2221P-10NT」や、2.5Gギガビット対応のPoEインジェクター「YPS-PoE-AT」とセットで導入することで、1ギガビットを超えるWi-Fi 6 の性能を最大限に発揮します。

運用管理と保守作業を容易にする仮想コントローラーを内蔵

『WLX222』は、「WLX212」や「WLX413」と同様に、オンプレミス型の管理「クラスター管理機能」に対応しています。同じレイヤー2のネットワークに接続されている複数台の無線LANアクセスポイントを本体内蔵の「仮想コントローラー」により簡単に一元管理することができます。 新たに無線LANアクセスポイントを追加、交換したい場合は、追加する機器を同じレイヤー2のネットワークに接続するだけで、他のAPと共通の設定が「仮想コントローラー」から自動的に同期され、簡単に無線エリアの拡張や機器交換が行えます。また、無線チャンネルやSSIDなどAP個別に設定したいケースでも、事前に「仮想コントローラー」に設定を入れておくと、AP追加時に自動的に設定が同期されます。この機能により、設定作業と設置作業を別々のタイミングで実施でき、柔軟なネットワーク運用を実現できます。

さまざまな設置環境に対応

『WLX222』は動作環境50℃に対応しており、50℃高温動作時も通信速度等の性能が低下しません。学校や店舗、工場などの高温になりやすい場所でもフル性能でお使いいただけます。また、付属のマウントパネルは、壁や天井への設置だけでなく、スタンド(同梱)を取付ければ卓上にも置くことができます。内蔵アンテナの指向性あり/なしを選択することで、電波を飛ばす方向を切り替え可能です。さらに、白と黒の2種類の本体カラーを用意し、さまざまな環境で設置することができます。
事務機器導入、PCサーバー導入、LAN配線工事、電話工事、Macサポート、Web制作など、お気軽にお問い合わせください。

事務機器導入、PCサーバー導入、LAN配線工事、電話工事、Macサポート、Web制作など、お気軽にお問い合わせください。

株式会社アトラックNEO
0120-77-3540
営業時間:平日9:00~18:00
本社

横浜市中区不老町1-1-5 横浜東芝ビル2F
TEL:045-222-3550

東京支店

東京都港区三田2-14-7 ローレル三田11階
TEL:03-3454-3520

ページ上部へ